子どものために飲みたい亜鉛

もっと効果のある牡蠣サプリを探している方へ!

子どものために飲みたい亜鉛

妊娠している方は積極的に亜鉛の補給をおすすめします。1日必要となる亜鉛の量は一般女性では9mgなのに対し、妊娠中は20mgとかなり多くの量を必要とします。通常の食事では多くの方が不足し、胎児の成長や将来子どもの健康まで阻害しているかもしれないからです。

 

・ つわりが酷くなりやすい
・ 死産や流産が増加する
・ 重度の精神疾患を持つ可能性
・ 知的障害となるリスク
・ 脳の成長に影響しやすい

 

これらのことから妊娠中は積極的に亜鉛を補う必要があるといえます。妊娠初期ではつわりが酷い人で亜鉛やビタミンB6の欠乏が認められています。また受精卵の細胞分裂に亜鉛が必要となるため、流産したり成長できたとしても先天性異常となることがあります。

 

特に脳の発達には亜鉛が重要だとされています。妊娠中に亜鉛が欠乏した人から産まれてきた子どもの場合、精神疾患や知的障害・知能遅れなどの影響が見られます。子どもの体の成長や脳の発育は、母体の栄養状態に左右されてしまいます。

 

さらに妊娠線も亜鉛不足が指摘されています。亜鉛は細胞分裂に必要となるのですが、急激に大きくなるお腹に耐え切れずお腹が割れるのが妊娠線だからです。妊娠線ができやすい方は亜鉛不足を疑ってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ